Fkuukensaku Kannon
不空羂索観音

不空羂索観音 英語 不空羂索観音 中国語

Fukukensaku Kannon (Amoghapasa)
不空羂索観音

Amoghapasa is a Kannon (a Buddhist goddess of mercy) who uses a kensaku (a lasso or a stiff rope so that the noose stays open when it is thrown) and rescues sentient beings suffering and brings the benefit of being healthy and being loved by everyone.
The model image is a national treasure enshrined in Nara Prefecture. Visitors will be overwhelmed with its scale with a size exceeding 3.6 m and jeweled crown decorated with over twenty thousand jewels coupled with the delicate halo of openwork carving. The bead is between the hands pressed together in prayer in front of the chest. This is because the then Emperor at the time of the completion of the image lost a prince (his child) and said, “It seems as if I lost a bead in my hands.”

不空羂索觀音用手上的金剛索(繩索/投擲繩)來拯救迷茫苦惱的衆生,因為其有益于身心的健康而被大衆所喜愛。
其原型源于奈良縣的國寶,總高超過3.6米的巨大身高與2萬多顆寶石鑲嵌的寶冠以及做工精細的透彫光背相得益彰,給人一種強大的壓迫感。胸前閤掌的手裡有放一顆寶珠,這是因為在製造這尊像的時候,恰逢天皇的皇子(親兒子)過世,因此有「捧為星月,視若明珠的珍寶已故」的含義。

不空羂索観音は、手にした羂索(けんさく/投げ縄のこと)で迷い苦しむ衆生を救う観音で、健康で皆から愛されるというご利益があります。
モデル像は奈良県にある国宝で、3.6mを超える大きさと、2万数千もの宝玉で彩られた宝冠や透かし彫りの繊細な光背が相まって、見るものを圧倒するスケール感を持っています。胸の前で合掌する手の中に珠を入れていますが、これは造像当時の天皇が皇子(実子)を亡くし、「掌中の珠がなくなったようだ」と言ったことにちなんでいます。

  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音
  • イスム 不空羂索観音

NameFkuukensaku Kannon / 不空羂索観音

Code003015

Size

Price JPY

企画販売

仏像フィギュアのイSムショップのご利用方法早見表

ページトップへ

|お問合わせ | 特定商取引法表示 | プライバシーポリシー | よくあるお問い合わせ

!