仏像フィギュアのイスムウェブショップ"

 
843年の年月を経て甦る、黄金色に輝く運慶の傑作 イスム×箔一×篁千礼 イスム 大日如来 2019Limited
 2017年秋の発売以来、大変多くのお客様にご好評いただいている「イスム 大日如来」が、全身に金箔をまとって登場します。
金箔加工を行うのは、伝統ある金沢箔を現代の生活の中に取り入れ新たな価値観を創造する「株式会社箔一」。手仕事による金箔表装ののち、伝統的な仏像彩色のプロフェッショナル 篁千礼氏による彩色で仕上げました。

 ご注文を頂戴してから、一体一体を手作業で仕上げていくため、お届け日はすぐにお約束ができません。 美しく仕上がらない場合はすべての工程を一からやり直しいたします。 お客様に100%の満足をお届けするため、私たちに少しだけお時間をくださいますようお願いいたします。

※2019年2月中旬から3月下旬まで、製品が完成し次第順にお送りいたします
イスム 大日如来 2019Limited 金沢箔を現代の生活の中に取り入れるアイテムを提供する「株式会社箔一」の金箔表層ののち、伝統的な仏像彩色のプロフェッショナル 篁千礼氏による彩色で仕上げました

運慶の感性が息づく、威厳ある像容

 運慶は、ミケランジェロにも比肩する歴史上最高とも評される仏師です。人と同じ肉体を持ってこそ祈りの対象になるとの信念に基づく卓越した造形力で写実的な像を生み出し、輝かしい鎌倉彫刻期を牽引しました。

 その処女作とされる円成寺大日如来坐像(国宝)の台座裏には、造像に11ヵ月という異例の期間を費やしたと書かれており、運慶が入念に造り上げた事が伺えます。
イスム×箔一×篁千礼  イスム 大日如来 2019Limited

運慶を知り尽くしたプロたちが創り出す、圧巻の造形美

「イスム 大日如来」を開発するにあたり、運慶研究の第一人者である山本勉氏に総合監修を依頼。上体が後ろへ反るポージングから、髪の毛の筋彫りが額から耳のほうへかけ直線から曲線へと変化する様、そして肉感豊かな足の裏まで徹底した監修を仰ぎ、迫力と精緻さを兼ね備えた傑作が完成しました。

 原型制作は、数多くの仏像の修復や模刻の研究を手掛けてきた藤曲隆哉氏に依頼。山本勉氏の監修のもと、真のプロフェッショナル達が手間暇をかけて創り出した造形美を、イスム工房が時間をかけて仕上げました。
イスム×箔一×篁千礼  イスム 大日如来 2019Limited

 運慶に関する著書や論文も多い山本先生は、運慶のことを語らせたら右に出るものはないという第一人者。
 今回イスムとの初めてのコラボレーションが、先生も「デビュー作にして傑作」と太鼓判をおすこの大日如来像となりました。厳しい監修と同時に、いろいろな鑑賞ポイントも教えていただきました。

 円成寺蔵の大日如来像は2017年の運慶展終了後、多宝塔から宝物館に移されました。かわりに多宝塔に入る模刻像を制作した藤曲氏。
 その藤曲氏が今度はイスムの原型制作を担当。山本先生の厳しい監修をクリアする、逞しく繊細な、美しい像を制作していただきました。

山本先生に聞く、円成寺 大日如来像のスゴいところ

 運慶は動画的な記憶力に優れていたのだと思います。大日如来像などは坐像で動きの無い像であるにも関わらず、なぜか動きの一瞬を捉えたような迫力があるんです。
  慶派でも他の仏師の像は正面から見ることだけを意識しているものも多いんですが、360度どこから見ても破綻なく成立している造形が運慶仏の魅力ですね。

耳全体も大きく、耳の穴も深くて大きいのが運慶風。 快慶像と耳の造形の違いを見てみてください。

鼻梁のはじまりの部分が 他の仏像に比べて少し低いんです。これは若さだったり、日本人らしさを表していると考えています。

足の裏

世界で一番キレイな足の裏。足の裏をここまできれいに彫り上げた彫刻は世界で他に類を見ません。

髪の毛

毛筋彫りが額から耳のほ うへかけて、直線から曲線 へと変化していく見事さ に注目。イスム作品の髪の 毛の本数は、実物と同じに 仕上げてもらいました。

印の位置

胸から少し離れていることで、この間に空間が生まれます。これが威厳ある風 格をかもし出しているんですね。

「イスム 大日如来」開発チームメンバー Profile

山本勉
Tsutomu Yamamoto

東京芸術大学美術学部卒業。同大学院中退。東京国立博物館の研究員、彫刻室長等を経て、現在は清泉女子大学文学部教授。
『仏像のひみつ』、『運慶―時空を超えるかたち』など著書および監修多数。
学生時代から運慶作品を研究し、後に海外のオークションに出る像を運慶作と論じるなど、新たな作品の発見にも携わる運慶研究の第一人者。

藤曲隆哉
Takaya Fujimagari

東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻 博士後期課程修了。現在は同専攻・保存修復彫刻研究室 非常勤講師および藤白彫刻研究所代表。
「茨木県長禅寺 十一面観音立像」「奈良県円成寺 大日如来像模刻像」の制作や「奈良県円成寺 四天王立像」修復、「長野県善光寺 三宝荒神立像・三面大黒天立像」修復研究など実績多数。

篁千礼
Chihiro Takamura

彩色作家。岩絵の具、伝統文様の魅力に引き込まれ、岡倉天心、平櫛田中という正統派木彫彩色の流れを汲む木彫作家・平野千里に師事。
現在は「篁千礼彩色研究所」を設立し、伝統的日本画の技法を用いた木彫彩色の他、さまざまな題材と素材を用い、多彩な彩色活動を展開する。

イスム×箔一×篁千礼  イスム 大日如来 2019Limited イスム×箔一×篁千礼  イスム 大日如来 2019Limited
仏像フィギュアのイSムショップのご利用方法早見表

ページトップへ

|お問合わせ | 特定商取引法表示 | プライバシーポリシー | よくあるお問い合わせ