仏像フィギュアのイスムウェブショップ"

 

Kissyo ten (Lakshmi)
吉祥天

Kamakura period (circa 1212)
鎌倉時代(1212年左右)

Kissyo-ten holds a wish-fulfilling jewel called the Nyoi-hoju (Cintamani) on her left hand, and she is considered to be the goddess of beauty, wealth, and happiness.
This wife of Bisyamon-ten (Vaisravana) is often represented as a lady from the Tang Dynasty.
Although this statue was created in 1212, the coloring remains vibrant to this day, mainly because it has been kept hidden from view and rarely exposed to light.

左手拿著能實現所有願望的如意寶珠,掌管著美麗,財富和幸福。
吉祥天作為毗沙門天的王后,多以中國唐朝時代的貴婦人的姿態被展現。雖然造于1212年、但因為長時間以秘密佛像的形式被收藏,所以其鮮艷的顏色得以保留至今。

左手に如意宝珠という願いを何でも叶えてくれる珠を持っていて、美・富・幸福を司ります。
毘沙門天のお后で、多くは中国の唐の時代の貴婦人の姿で表わされます。
1212年に造られましたが、長い間秘仏とされてきたので鮮やかな彩色が現代まで残っています。

  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜
  • イスム 吉祥天〜復元極彩色仕様〜

NameKissyo ten (Lakshmi) / 吉祥天

Code003007

Size

Price JPY

企画販売

sorry. We cannot send this product overseas.
仏像フィギュアのイSムショップのご利用方法早見表

ページトップへ

|お問合わせ | 特定商取引法表示 | プライバシーポリシー | よくあるお問い合わせ