仏像フィギュアのイスムウェブショップ"

 

子犬

こいぬ

取り扱いを終了しました

明恵上人が愛した子犬
湛慶作と見られるつぶらな瞳

小さな命を慈しんだ明恵上人の愛犬鎌倉時代に活躍した高僧・明恵上人は小動物を慈しみ、子犬をまたいでしまってから振り返って拝んだ、という逸話も残されています。明恵上人が19歳から58歳まで見た夢を主に記録し続けた『夢記(ゆめのき)』には、自然や動物などが多く登場しますが、その中に子犬もしばしば登場し、これは実際に明恵上人のそばで愛でられていた存在であるとも考えられています。

木目まで忠実に再現した造型モデルは鎌倉時代に制作された重文像「子犬」で、運慶の長男・湛慶の作ではないかと目されています。古くから「狗児」として愛されるこの像は、つぶらな瞳でこちらを見つめ、色合いと浮き出た木目がより一層つややかな毛並みを感じさせます。
子犬の可愛らしさと、仏師が制作した彫刻像の臨場感が両立する造形美を、手のひらサイズの中に再現しました。

  • TanaCOCORO[掌] 子犬
  • TanaCOCORO[掌] 子犬
  • TanaCOCORO[掌] 子犬
  • TanaCOCORO[掌] 子犬
  • TanaCOCORO[掌] 子犬

※画像をクリックすると拡大表示されます。撮影の演出上、またご覧の環境により実際の商品と色味が異なって見える場合がございますが、予めご了承ください。セットを選ばない場合や記載がない場合、商品は本体のみです。同時に写っている関連商品やガラスケースなどは付属しません。

  • 製品内容:本体、台座
  • 生産地:中国製
  • 素材:ポリストーン
  • 素材について
  • 一度のお買上げ金額が1万円に満たない場合、所定の送料がかかります

商品名TanaCOCORO[掌] 子犬

商品番号tc3727

サイズ

商品番号 tc3727
商 品 名 TanaCOCORO[掌] 子犬 

仏像フィギュアのイSムショップのご利用方法早見表

ページトップへ

|お問合わせ | 特定商取引法表示 | プライバシーポリシー | よくあるお問い合わせ