仏像フィギュアのイスムウェブショップ"

 

阿弥陀如来について

理想の世界を築くために
「永遠の」修行を乗り越えた阿弥陀さん

 あるとき、とある国の王は、師である世自在王の説法を聞いていました。世自在王とは、光で世界を照らして人びとの迷いを消し、災いを取り除く如来です。説法を聞き、国王は「自分もこのような如来となってすべての命あるものを救いたい」と思いました。そして、理想の仏国土を建て、人びとを迎え入れたいと考え、法蔵菩薩(比丘)という修行者になりました。
 法蔵菩薩はそれから五劫という長い年月、考え続けた末に如来になりました。これが阿弥陀如来です。そして再び世自在王のもとへ行き、如来になって実現したいことを並べ「四十八の大願」として誓いを立てました。


気の遠くなるような五劫という時間

 阿弥陀如来は修行に五劫という年月を費やしたのですが、この「劫」というのは、非常に永い時間を表わす単位のことで、一説には五劫は21億6千万年といわれています。
 一劫という単位を分かりやすく説明すると、一辺が1由旬(約7km)の城を芥子粒でいっぱいにし、百年に1度、その芥子粒を1つずつ取り去って、すべてなくなってもまだ終わってないほどの時間、なのだそうです。つまりは永遠とほぼ同じ意味なんですね。
 また、こんな説明も――四十里立方(約160キロ立方メートル)の大岩に天女が三年(あるいは百年という説も)に1度舞い降りて羽衣で撫で、その摩擦で岩が無くなるほどの永い時間のこと。想像がつきますか?いずれにしても気の遠くなるような永い永い時間のことなんですね。


極楽浄土へ行くことを願い、名をとなえよ

 「四十八の大願」のうちもっとも有名な内容の一つが、「南無阿弥陀仏」と唱えたあらゆる衆生を必ず極楽浄土へ連れて行く、という内容です。また、極楽浄土に行きたいと願うならば、臨終のとき、菩薩や阿羅漢とともに迎えにいこう、という来迎の内容もよく知られています。ちなみに「他力本願」という言葉は阿弥陀如来の誓いに由来しており、本来は「阿弥陀様にすがって極楽に行こう」という意味です。


広まる浄土信仰 宗派として確立するまで

 阿弥陀如来信仰といえば浄土教。浄土信仰が日本へやってきたのは、仏教が伝わって間もない頃のこと。
阿弥陀仏の極楽浄土をあらわしたものではないかと言われている天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)は、聖徳太子が没したあとの622年につくられました。この中には極楽往生した者が蓮から生まれる「蓮華化生(けしょう)」のような場面があることが指摘されています。
 また『日本書紀』によれば、640年に浄土教の重要経典『無量寿経』がわが国に請来されたと考えられています。『無量寿経』には、阿弥陀如来が如来となった経緯や、浄土に往生するためには阿弥陀の名をとなえ(念仏)、仏国土に行くことを願えば叶えられることなどが説かれています。この頃から奈良時代までの浄土信仰は死者の冥福を祈る信仰でしたが、以降、現世の人びとが極楽往生を願う浄土信仰へと変わっていきました。

 浄土信仰が広まった背景には、末法思想という考え方がありました。仏教の時代観は、以下の3つに分かれています。
正法・・・仏滅後1000年。仏の教えがあり、修行して悟りをひらくことができます。
像法・・・次の1000年。教えと修行はあるが、悟りはひらけません。
末法・・・その後1万年。教えがすたれ、世の中に混乱が生じます。

 末法思想は、日本では永承7(1052)年にはじまると信じられていました。それ以前の世の中は、疫病の流行や治安の乱れ、栄華をきわめていた藤原道長の死、そして多くの寺への襲撃などがあります。人びとが不安なときを過ごしていたなか末法に突入し、現世ではなく来世に期待して極楽往生を願う人びとが増えたのです。こうして浄土信仰は広く世に広まったのですね。
 9世紀後半から10世紀にかけて念仏が盛んになり、その後は法然(1133-1212)・親鸞(1173-1262)たちによって浄土教が発展しました。現在でも日本で一番信者の多い宗派は浄土系です。


ユニークな阿弥陀如来像

 阿弥陀如来の姿として思い浮かぶのは、螺髪という特徴的な髪をしており、座禅を組むような形で座る像や前を向いて立つ像ではないでしょうか。
 そんな一般的な阿弥陀如来像とは異なる、ユニークな姿をした像を紹介します。


日本で造られたものなのか? 宋の影響を受ける像

五劫思惟阿弥陀の特徴は、なんと言っても長く伸びたその髪の毛。アフロヘアのようになっています。これは五劫という永い時間思惟を重ねた阿弥陀を表わし、阿弥陀信仰を広めるために造られたと考えられます。
東大寺勧進所の五劫思惟阿弥陀は、ヒノキ材が用いられているため日本で制作されたと考えられていますが、鎌倉時代に一木造りである点、写実的ではない点から重源によって宋から請来されたうちの1体、もしくは宋の特徴を倣って制作したものといわれています。元禄年間の『東大寺諸伽藍略録』は、五劫思惟阿弥陀像を重源が宋から請来したものと伝えています。
二月堂北の阿弥陀堂に安置されていましたが、宝永年間以降に勧進所阿弥陀堂に移されました。


慈悲深い性格があわられた姿

 この像は以前東大寺にありましたが、禅林寺の永観(ようかん)が東大寺の勧進職となり、延久5(1073)年の勅令で像を預かりました。永観が禅林寺へ背負って帰る途中、東大寺の僧侶が取り戻そうとしたのですが、永観の背から離れなかったという伝説が残っています。
 永保2(1082)年2月15日の夜明け前、禅林寺の中興を成し遂げた永観は、この像のまわりで、日課の念仏行道をしていました。ふと気がつくと、いつの間にか阿弥陀さんが須弥壇から降り、永観の先に立って念仏行道を始めていました。永観は、あまりのありがたさと驚きに立ち止まってしまったのですが、それに気がついた阿弥陀如来は、振り返って「永観おそし」と言葉を発したといいます。この慈悲が末代までいきわたるよう姿を永くとどめたまえと永観が祈ると、阿弥陀如来像は振り返った姿のままになったと伝えられています。

参考文献
・光森正士『阿弥陀如来』(『日本の美術』241)  1986年6月 至文堂
・『東大寺』3(『奈良六大大観』)2000年3月 岩波書店
・濱島正士『浄土教』(『図説 日本の仏教』3) 1989年7月 新潮社
・峰島旭雄『浄土教の事典』―法然・親鸞・一遍の世界―』 2011年3月 東京堂出版

仏像フィギュアのイSムショップのご利用方法早見表

ページトップへ

|お問合わせ | 特定商取引法表示 | プライバシーポリシー | よくあるお問い合わせ